×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

お金がないという状況

お金がないということは、とてもつらい精神修行だと思います。
お金がないという状況はとても惨めです。

 

お金がなくても幸せと考えられる人は最初からそう思える心を持っていたわけじゃなく、お金がないという苦難を乗り越えて幸せの境地にたどりつけるのだと思います。
お金を使うことは一種の快楽で、だからお金がなくなっても消費者金融などで借りてまた浪費するのだろうと思います。

 

お金がなくても幸せだと思える人は本当に幸せなのだと思います。
身の丈にあった金額を知っていて、それを元に生活をしているのです。

 

ほとんどの人は身の丈以上のお金を欲しがり、次々あふれ出てくる欲を満たそうと考えます。
私もそのうちの一人です。

 

今、お金にとても不自由な思いをしています。
お金を稼ぐのは楽じゃないと痛感しているのに、欲はあふれ出てきてお金を欲します。

 

お金にとらわれているのだと思います。
ですが、私が本当に望むのはその先の境地である、お金がなくても幸せと感じる心が欲しいです。

 

少しのお金で自由に暮らすことが最高の幸せだと考えています。
いつそうなれるのかはわかりませんが、そうなりたいと感じています。

 

冠婚葬祭で出費がかさむときだけカードローンを

 

銀行系のカードローンを冠婚葬祭、特に結婚式で出費がかさむときだで利用しています。

 

丁度年齢的にひと月の友人の結婚式が2つ入ったりすることもあり、主人と私共通の友人が多いもので出費も×2、どう頑張ってもそれがひと月に2回もきては生活ができず、そこでネットでの情報を色々あつめて、銀行系のカードローンがなんとなく安心感もあり低金利だと言うしいいだろうということで、主人名義で審査を受けました。

 

わざわざ出向かなくても自宅からインターネットを使ってでも審査の申し込みができ、その結果もすぐにわかったこと、お金を受け取る時だけ銀行に行けばよく、必要以上に出向いたりする必要が無いので思ったよりもずっと手軽に借りることができる感じで今ではとても助かります。

 

最初は借金はなんとなく抵抗がり、嫌だなと思っていましたが、急な出費が続くときは、返済についてちゃんとした意識があれば無理せず借りる事も生活の知恵だなと思っています。
カードローンのメリットデメリット
http://www.clevelandmmug.org/